腰痛が原因で日常生活にどういう悪影響があるのか

肩こりによって身体に現れる症状とはどんな物があるのか

色々な原因や置かれている環境によって様々で個人差にもよりますが肩こりになってしまう人がいます。肩こりの度合いや症状によって色々な影響を自分や周囲の人に及ぼしてしまいう事があるのです。肉体面で言えば肩だけでなく体の他の場所に調子の悪い部分が出来てしまう事があります。

精神面で考えると肩こりを気にするあまりに神経質気味になってしまう事があります。さらには症状の進行具合や痛みなどにより肩こりによって影響を与えてしまう肉体面と精神的な面が複合的に絡み合ってしまう事だって有るのです。肩こりが原因で自分や周囲の人にどの様な影響を及ぼしてしまうのか日常生活にどういう悪影響を与えてしまうのか考えてみたいと思います。

肉体的症状に現れる場合

肩がこって来るとこっている側の首筋が緊張して違和感やだるさの症状が出て場合によっては痛みを覚えるようになります。殆どの人が経験している事の一つに頭痛がする事も有ります。肩こりがあまりにも酷い場合は人によっては頭痛だけでなく吐き気ももよおしてしまう事があります。歯に少なからず問題を抱えている人は普段痛まない歯が痛くなってしまう事もあります。

精神的症状に現れる場合

肩こりが気になってしまう事で原因は何なのかを執拗に突き止めようとしてしまう事があります。原因を究明しようとする方向に行き過ぎてしまう事で精神的に疲れてしまう事があります。肩の痛みやこり具合で肩やその周辺に違和感生まれる為に気分的に何もやる気が起きなくなってしまう事もあります。何もやる気が起きてこない場合や体を動かすのがおっくうになってしまう為にこれが悪影響となって益々肩こりが治りにくくなってしまう事も有ります。

 人間関係に現れる場合

肩こりによって引き起こされる悪影響によって自分の周囲や関係する人間関係にまで影響が及んでしまう事があります。肩こりが酷い場合は何かの集まりやスポーツ、飲み会などといった友人や同僚、上司などからの誘いがあっても気分が乗らない為に遠慮してしまったり断ってしまう事もあるでしょう。

この状況が何回も続いてしまうと誰からも誘われなくなって声さえもかけてくれなくなってしまう可能性もあるかもしれません。自分の気持ちにも余裕が持てなくなってしまい周囲の人や家族などに余裕のある態度や心で言葉をかわする事も出来なくなってしまう可能性もあります。

他の肉体的症状に波及してしまう場合

肩こりのある部位や周辺をかばう為に不必然な歩き方や身体の動かし方を無意識に行ってしまう事があります。肩のこりや痛みを少しでもかばおうとした動きが身体の他の部分である腕や首や足腰などに少なからず悪影響を与えてしまいます。日頃の正常な状態とは違った日常的ではない動き方や振る舞いが蓄積してくると筋肉痛や関節痛など別の肉体的症状に波及してしまう事があります。

 周囲から見られ方が変わってしまう場合

あまりにも肩こりの症状が酷く痛みや違和感などをかばう為の行動が著しく現れてしまうと周囲からの見られ方も変化してしまう可能性もあります。正常ではない身体の動き方が日常的な習慣になってしまった場合にその動き方そのものが日常生活での習慣となり当たり前の動きになってしまいます。例えば日頃から背筋をまっすぐにして凛とした動きの印象だった人が酷い肩こりによる症状をかばう為に普段とは違った身体の動かし方になってしまった場合はどうでしょうか。肩の違和感や痛みの影響から少しでも遠ざかりたい為に場合によっては猫背や前かがみの姿勢になり不自然な動き方に変わってしまう事が考えられます。周囲や関係する人がその身体の動きを見た時に今までの印象や見方がそこで変わってしまう可能性もあるでしょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です